Intelligent Light and FieldView

Asia Pacific Technical Office
アジア太平洋技術オフィス

FieldView integral to Hands on FrontFlow/blue Training

On July 1st, 2016, the Center for Research on Innovative Simulation Software at the University of Tokyo will host the seminar; "7th Practical hands on training on FrontFlow/blue" in Kobe, Japan.

The FOCUS Foundation for Computational Science and our partner VINAS, will co-host the seminar in corporation with Mizuho Information & Research Institute.

Prof. Chisachi Kato, Institute of Industrial Science, The University of Tokyo

The seminar will use the example case: "Acoustic noise optimization of the fan". As an attendee you will experience an entire CFD workflow from mesh generation, running the simulation, post-processing and optimization. FieldView will be employed as the post-processing tool providing an opportunity to learn how to use FieldView through valuable hands-on experience. If you are considering FieldView and wanted to have a chance to touch it, this will be a great opportunity. The seminar is free. You will be able to experience not only FieldView but also Pointwise software for mesh generation, the open source CFD solver FrontFlow/blue and optimization software. At the end of the seminar, Prof. Chisachi Kato, the development leader of FrontFlow/blue, will make the presentation.


For more information, please visit the following link (Japanese)
http://www.j-focus.or.jp/event_seminar/entry-1177.html

*This seminar requires Japanese citizenship.

Software used during the seminar:

  • Pointwise V17.3
  • FrontFlow/blue
  • FieldView 16
  • DAKOTA 6.3
  • Sculptor V3.6

東京大学生産技術研究所革新的シミュレーション研究センターの主催により、7月1日に高度計算科学研究支援センターにて「第7回クラウドコンピュータ利用 FrontFlow/blueの設計実務セミナー」が開催されます。

みずほ情報総研株式会社様の協力のもと、公益財団法人計算計算科学振興財団(FOCUS)様及び弊社のパートナーである株式会社ヴァイナス様が本イベントを共催いたします。 

今回のセミナーでは「ファン空力騒音最適化」を例として扱い、格子生成からシミュレーションの実行、後処理及び最適化を含む一連のCFDワークフローを実際に作業しながら体験して頂けます。後処理では実際にFieldViewを使用して頂き、使い方を学んで頂けます。本セミナーはFieldViewを実際にご使用頂ける絶好の機会ですので、現在FieldViewをご検討頂いているお客様は是非ご参加いただければ幸いです。本セミナーには無料で参加して頂けます。またFieldViewのみならず、Pointwiseによる格子生成、FrontFlow/blueによるCFDシミュレーション、DAKOTA及びSculptorを用いた最適化もご体験頂けます。セミナーの最後にはFrontFlow/blueの開発リーダーである加藤千幸教授のご講演もございます。ご多忙中かと存じますが、ご参加いただければ幸いです。

詳細に関しましては以下のリンクをご参照ください。

http://www.j-focus.or.jp/event_seminar/entry-1177.html

本セミナーで使用するソフトウェアは以下になります。

  • Pointwise V17.3
  • FrontFlow/blue
  • FieldView 16
  • DAKOTA 6.3
  • Sculptor V3.6
0 Comments

Next Generation Transport Aircraft Workshop 2016

NGTransportAircraftWorkshop16 次世代航空機ワークショップ

I was grateful to be invited to participate and represent Intelligent Light at the Next Generation Transport Aircraft Workshop held in February, 2016 in Hawaii. The conference brought together leaders from industry and universities in Japan and the United States who are working to develop transport aircraft of the future.

Major tracks of presentation and discussion were:

  • CFD methodologies and applications
  • High order numerical methods in CFD
  • Uncertainty Quantification (UQ) and optimization
  • Data assimilation
  • Carbon Fiber Reinforced Polymer (CFRP) Laminates
  • Failure modes for composite structures
  • 3D printing of continuous carbon fiber reinforced plastics

I found Dr. John C. Halpin’s (JCH Consultants, Inc.) keynote presentation “The Aging Composite Airframe” to be a fascinating discussion and a great start to the meetings. Dr. Halpin asks the question: How long should a composite airframe last? While non-composite aircraft have an estimated service life of 35-40 years, carbon fiber plastics service life is estimated at around 20 years. Experience shows delamination based on power load and Mode 1 simulations are commonly run while Modes 2 and 3 are infrequently run due to the computation cost of these simulations. Accurate simulations are needed to develop appropriate safety standards for these aircraft.

Intriguing too was the use of SPH for bird strike simulations described in Shigeki Yashiro’s (Shizuoka Univ. Japan) presentation "Numerical analysis of bird strike on CFRP laminates using smoothed particle hydrodynamics in a generalized coordinate system". SPH handles the deformation well but is not suitable for representing microscopic damage as the particles are uniformly distributed. Dr. Yashiro modified his code to handle arbitrarily defined spacing of particles to produce credible results for this microscopic damage.

It is clear that some very interesting work is being done in the universities to develop methods and tools to address the challenges of working with composite materials. Further, the range of configurations and operating conditions will require probabilistic evaluation and uncertainty quantification (UQ) to develop safety standards and design targets for heavy lift aircraft. While the researchers are developing methods, industry is developing repeatable and reliable production workflows with mature tools and technology. Industry leaders are eager to speed development and increase accuracy using new methods and workflows that are proven and reduce program risks.

I wish to express my gratitude to the organizers for their kind invitation. I was pleased to contribute to and learn from the discussions with my colleagues.

次世代航空機ワークショップ

2016年2月にハワイで開催された次世代航空機ワークショップにIntelligent Light(弊社)の代表として参加させて頂きました。このワークショップでは日米の次世代航空機の研究開発を行っている企業及び大学が集まり、研究発表や意見交換が行われました。

主なトピックは以下の通りです。

  • CFD手法及び適用
  • 高次精度CFD
  • 不確かさの定量的評価、最適化
  • データ同化
  • CFRP
  • 複合材料の破壊モード解析
  • 複合材料の3次元プリント

その中でもDr. John C. Halpinによるキーノート発表「The Aging Composite Airframe」はとても興味深い発表でした。発表の中で、Halpin博士は複合材料で航空機を設計する際に、そもそも複合材料で作る航空機フレームは何年持つべきなのかと問いかけていました。現在の金属製の航空機は約35年から40年の寿命を設定して作られている一方、現行の複合材料の寿命は約20年 と言われているそうです。現在複合材料の剥離解析は第1モードのみで行われており、計算コストの高い第2第3モードは考慮されていない事が多いそうです。 より正確な多モード解析を行うことによって、より正確な材料の劣化予測が出来るようになり、安全な材料の開発につながるそうです。

また静岡大学の矢代先生らによるSmoothed Particle Hydrodynamics(SPH)法を用いたバードストライクによる剥離解析研究も興味深いものでした。SPH法 はシミュレーションに格子を用いない粒子法のシミュレーション手法の一つです。格子を使用しないので、層剥離や変形を容易に取り扱う事が出来るという利点 がありますが、粒子を均等に配置する必要があるので粒子サイズ以下の小さいサイズのダメージを取り扱うのが難しいという問題があるそうです。そこで、粒子 間隔を任意に設定出来るようにする事により粒子サイズ以下のダメージを表せる新しいアルゴリズムを開発されたそうです。

本ワークショップにて次世代航空機の開発に 向けた様々な研究を学ぶことができました。上記の研究以外にも安全基準の策定のための不確定性の定量評価等も盛んに行われている様です。大学では革新的な 手法の開発、一方企業での研究では開発スピードの向上と同時にリスク低減に向けたより精度の高いワークフローの開発に重点が置かれ、より実用的な研究が行われていると感じました。

本ワークショップに参加させて頂いた事に感謝の意を示すと共に、このような会に参加させて頂いた事を光栄に思います。

0 Comments

Intelligent Light Proudly Supporting Aerospace Fluid Science Summer School 2015 in Japan

From August 2nd to 4th, Aerospace Fluid Science Summer School 2015 was held at Yugawara, Kanagawa, Japan. A total of 47 participants, both students and professors, came from 11 universities and organizations, including Aichi Institute of Technology, University of Electro-Communications, Nagoya Univ., Nihon Univ., Ochanomizu Univ., Tohoku Univ., Tokyo Univ., The Tokyo Metropolitan Univ., Tottori Univ and JAXA.

This event was different from regular conferences. The presentations were brief and students were given more time to discuss the work rather than just presenting it. They also were able to get advice from different perspectives to improve both their research and their presentation abilities. Many ideas were generated that students will pursue back at their home laboratories. With three days together, the students developed relationships and friendships that will continue as they complete their studies and begin their careers.

This is an event that began informally with a group of about 10 students and has grown consistently since its inception. We were glad to help the students by supporting this event and are looking forward to participating again next year.

Intelligent Lightは2015年航空宇宙流体科学サマースクールを応援します

 8月2日から4日にかけて神奈川県足柄群湯河原町において航空宇宙流体科学サマースクールが開催され、11の組織より47名の学生 及び先生方が出席なされました。参加していただいた大学及び研究機関は愛知工業大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、お茶の水大学、首都大学東京、電 気通信大学、東京大学、東北大学、鳥取大学、名古屋大学及び日本大学になります。(あいうえお順)

本サマースクールは従来の研究 発表の場である学会とは異なり、自分たちの研究について議論する事に重きをおいた会となりました。ここで発表することにより別の組織の方々から異なった視 点でのアドバイスを頂き、研究をより良いものにするアイディアをうむことができました。また、今後行う学会や論文審査での発表に向けたよい練習の場にもな りました。3日間をともに過ごすことにより、あまり触れあうことのない他大学との横のつながりができ、今後研究を行う上でよい関係を築けたかと思います。

 本イベントは元々10人程度で開始され、年々参加人数が増え続け現在に至ります。弊社はこのイベントの開催に協力する事により、学生さん達の研究生活のお役に立つことが出来とても嬉しく思っております。そしてまた、来年もご協力できればと考えております。

Pre-event post (22-Aug):

Students from all over Japan who are pursuing Masters and Ph. D degrees in fluid dynamics will get together from August 2-4, 2015 at Yugawara, Kanagawa-ken to share their work. Unlike conferences, the purpose of the gathering is to conduct detailed discussions of their work and get advice from the students and professors from outside of their universities.  Intelligent Light will help students to conduct higher level research by supporting this event.

8月2日から4日に神奈川県湯河原町にて行われる2015年航空宇宙流体科学サマースクールの開催に弊社は協力させて頂きます。本サマースクールは日本国 内の多くの流体を専門とする修士及び博士学生が参加し、自身の研究発表および意見交換を行う場となっています。学生達がよりよい研究をよりよい環境で行え る様、支援する方針です。

 

0 Comments